OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

ニューヨーク情報カテゴリ一覧

ビザの申請方法
…… J-1、M-1、F-1ビザの申請方法です

ビザの面接対策
…… USビザの面接対策に関する情報

入国の準備
…… ホテル、海外旅行保険、クレジットカードは何枚必要?銀行口座は?実際に入国するまでの準備に関して

ニューヨーク生活基本情報
…… ニューヨーク地下鉄の乗り方、マンハッタンの住所、アメリカの銀行のATMの使い方、小切手の書き方など、ニューヨーク生活に関する基本情報

ニューヨーク観光情報
…… ベタに自由の女神からナイアガラの滝まで、ニューヨークの観光情報はこちらから

ニューヨークの日系ストア
…… ニュージャージーのMitsuwa、JASマート、フォレストヒルズのサクラ屋まで、ニューヨークの日系ストア情報です

滞在日記
…… 素人だからこそ見えてくるニューヨークを、ニューヨーク滞在日記としてつづっています

CHASE、CITIバンク、どっちにする?−アメリカの銀行選び

Chse.jpg

日本でも同じですが、アメリカで銀行口座を開設する場合も、どの銀行で口座を開くか、これってけっこう重要です。

特にアメリカの場合、毎月口座維持管理費がかかるので、メリット、デメリットがいろいろとあります。

しかし、アメリカで銀行口座を開く場合、CITI(シティ)バンクかCHASEのどちらかというケースが多いと思います。

シティもチェイスもATMがたくさんあるので、利用しやすいと思います。口座を開設して1週間くらいするとカードが送られてきますが、それにはクレジットカードの機能もついているので、そこまで現金を引き出す必要はないのですが、いざ現金が必要なとき、日本のようにATMがたくさんあるのはとても便利です。


以下でシティバンクとCHASEのメリット、デメリットを紹介します(実際に僕が利用してみた感想で、主観が多分に入っていますが、その点を考慮に入れて参考にしてください)。


citibankで口座を開設するメリット

アメリカ入国前に日本でシティバンクの口座開設していれば、アメリカでシティバンクで口座を開設するメリットは非常に高いです。

理由は、日本のシティバンクでドルの送金を行った場合、日本の口座の米ドル普通預金口座にドルが資金が移動するのですが、そのお金をアメリカのcitibankでおろして、そのままアメリカの口座に入金することができます。

つまり、

<日本のシティバンクの口座内>

・「円→ドル」の両替 → 米ドル普通預金口座に送金

<アメリカのcitibank>

・送金した日本のシティバンクの米ドル普通預金口座のお金を出金可能
・出金したドルを、アメリカで開設したcitibankの口座にすぐに入金できる(多額の現金を持ち歩く必要がない)。

これはとっても便利です。


citibankで口座を開設するデメリット

・口座維持管理費が毎月かかる。
・サービスがちょっと劣る。




CHASEで口座を開設するメリット
CHASEは日本ではほとんど耳にしない銀行ですが、アメリカではとても大きな銀行です。

CHASEのメリットはサービスです。特にインターネットを使って口座の管理が楽にできます。citibankもオンライン操作できますが、CHASEの方が操作もし易く、とても便利だと思います。

また、CHECK専用のアカウントは毎月の口座維持管理費がかからないものがあります(僕はこの口座を開きました。加えて、キャンペーン中だったので、70ドル近くキャッシュバックしてもらいました)。

CHASEで口座を開設するデメリット
デメリットは日本のシティバンクから送金したドルを入金するのに手間がかかるという点です。


どちらも口座開設してもよいと思いますが、メリット・デメリットがあるので、その点を考慮に入れて開設するとよいでしょう。


日本のCITIバンクの口座開設

アメリカの銀行のATMの操作方法

小切手の書き方



タグ:銀行

アメリカでの銀行口座の開設

citi.jpg

留学や駐在等でアメリカに長く滞在する場合、入国して真っ先にやることの一つに、銀行口座を開設するという仕事があります。

アメリカで銀行口座を開設するには、アメリカ国内の住所にちゃんと住んでいることを証明するものが必要となります。

ソーシャルセキュリティーナンバーを持っている場合は、比較的簡単に口座の開設できます。

しかし、ソーシャルセキュリティ番号を持っていない場合は、身分を証明するものが複数必要となります。

身分を証明するものとして、まずパスポートがあります。

しかし、パスポート以外にも実際にアメリカの住所に住んでいることを証明するものが必要となります。滞在初期で、アメリカに住んでいることを証明する自分の身分を外国人に示すものって、けっこう難しいです。

日本の住民票とか持っていってもダメです(当たり前ですが…)。


住所を証明するものとして、受入れ先の大学等からのレターがあります。

つまり、この人は、ソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないけど、ちゃんと「〇〇〇〇」の住所に住んでいます。なので、銀行口座を作ってあげてください。

という内容のレターを発行してくれますので、パスポートとそれを持っていきましょう。

それから、アメリカで銀行口座を開設する際、当然ですが印鑑は要りません。その代わりに署名(サイン)を求められます。

サインはその人を証明することになるので、字体をころころ変えないよう、いくつか気に入ったものを練習しておくとよいでしょう。

また、漢字のサインもアメリカではけっこう有効です、アメリカ人は漢字を書かないので(僕は漢字のサインで通しています)。


アメリカの銀行のATMの操作方法

小切手の書き方



タグ:銀行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。