クロイスターズ美術館(The Cloisters) OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

クロイスターズ美術館(The Cloisters)

Cloisters01.JPG

クロイスターズ美術館にいってきました。ハーレムの少し北、マンハッタンの北端あたりにある美術館です。


この辺です


地下鉄のAラインにのって190丁目(190 St.)で降り、Fort Tryon Parkを通って行きます。

地下鉄の駅も、190丁目にくるとさすがに汚く、荒廃しています。。

でも、Fort Tryon Parkは、ハドソン河に面したとてもきれいな公園です。190丁目からはバスも出ているようですが、この公園を通って行く方がいいですね。

Cloisters02.JPG


このクロイスターズ美術館ですが、メトロポリタン美術館の分館だそうで、ジョン・D・ロックフェラーによって建てられました。

美術館と言えば、絵ばっかり飾ってあるものとばかり思っていたのですが、それ以外にもいろんな中世の遺物が飾ってあるんですね。

特に、この美術館には中世フランス、スペインの修道院の遺物が多くあります。なのでカトリック色が濃いです。

入場料は大人は20ドルが推奨されますが、任意です。つまりいくらでもいいということ。子供は12歳未満は無料です。

うちは大人2日、子供2人ですので、レジで40ドルと出て、40ドルが望ましいですと言われますが、そこで負けずに20ドルだけ払いました。

向こうもあっさり、いいですよと言って、ピンバッジとパンフレット(日本語のもあります)と渡されました。

極端なはなし、入場料は任意ですから、1ドルでも1セントでもいいわけです。

中はたいへん厳かな感じです。

それで、驚いたことに館内は写真撮影が可能なんですね!!

フラッシュはたいてはいけませんが。

館内の展示されている作品はこんな感じです。

Cloisters03.JPG

Cloisters05.JPG


これは、クロイスターの十字架(バリー・セント・エドモンド修道院の十字架とももいう)、有名だそうです。ヒューゴー作といわれています。セイウチの牙でできているそうで、表面には100人以上の人物の彫刻が施されています。

Cloisters04.JPG

これは「受胎告知の三連祭壇画」、クロイスターズの中でも最も重要な作品(と地球の歩き方に書いてあった…)。ロベルト・カンビン作、一番中央が受胎告知のシーンである「聖告」、右側がネズミとりを作っている途中の「働く聖ジョセフ」、左側の絵が祭壇を寄進した夫婦「寄進者」が描かれています。

Cloisters06.JPG


その他にもたくさんの美術品が飾られています。メトロポリタン美術館よりは展示品数も少ないですが、こじんまりしていて落ち着いてゆっくりと見ることができます。


注意しないといけないのは、食事です。美術館内にカフェがあるとのことでしたが、僕らが行った日は閉まっていました。

美術館のまわりには、これといったお店がありません。

週末しかないのか、今日だけなかったのかわかりませんが、いずれにしても小さな子供を連れて行く場合は、お弁当持参がよいでしょう。

また、同日ならば、ピンバッジを持っていれば、メトロポリタン美術館にも無料で入れます。

なかなかお薦めの美術館です。


開館日
    火〜日曜の9:30〜17:15(11月−2月は〜16:45)
休館日
    月曜日、1月1日、サンクスギビング、12月25日





スポンサードリンク
この記事へのコメント
クロイスターズいいですよねえ。日本にはあまりないタイプの美術館だとおもいます。
それも季節はやっぱり秋!秋に訪れるのが一番趣きがあると思います。
写真をいっぱいのせてくれてありがとうございました。
Posted by なおみ at 2006年11月08日 16:40
なおみさん

そう、想像していた美術館とは全く異なっていたので、新鮮でよかったです。

展示数も多くもなく少なくもなくて。

確かに、この季節、途中の公園もとてもきれいでした(地下鉄の駅が少し恐い雰囲気でしたが…)。

それにしても写真を撮ってもよいというのがありがたかったです。
Posted by Kyoro at 2006年11月09日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27011136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

見ごたえあり! クロイスターズ美術館
Excerpt: 分館といいながら、メトロポリタン美術館からは相当距離があるクロイスターズ。中世ヨーロッパの建築と美術品を収蔵した美術館。地図はこちら。あまりに不便な場所にあるので、これまで1度も行ったことがなかったが..
Weblog: Mizumizuのライフスタイル・ブログ
Tracked: 2009-06-22 14:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。