ニューヨークの暖房事情 OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

ニューヨークの暖房事情

先週末、ものすごく寒かったのですが、今週に入って気温も落ち着いています。

まあ、いくら寒くなっても室内はT-シャツ1枚で過ごせるくらい暖房が効いています。

この暖房、ニューヨークのアパート、マンション、ビルなどの建物では、個人がストーブやエアコンを買って部屋を暖める必要はなく、寒くなったら管理人が一斉に全ての部屋に暖房が入れます。

ニューヨークのアパートやマンションなどは、1年を通じてお湯を供給する義務、それから冬の間(10月1日〜翌年の5月31日)暖房を供給する義務があります。


法律でそう定められているみたいです。


具体的に、ビルの管理者、アパートの家主は、10月1日〜翌年の5月31日の間、華氏120度(約49℃)以上のお湯を供給する義務があります。

また、外の気温が華氏55度(約13℃)以下の場合、室内の気温を華氏68度(20℃)に保たないといけません。

さらに、夜10時〜朝6時で外の気温が華氏40度(約4℃)以下の場合、室内の気温は最低でも55度(約13℃)に保つ様定められています。

なので、アパートに暖房が入っておらず、寒くて凍えそうなときは、外の気温と室内の気温を測って、家主さんに苦情を言いましょう。


Yahoo! Weather



スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。