ニューヨーク・マンハッタンの住所の見方(その1) OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

ニューヨーク・マンハッタンの住所の見方(その1)

5Av_W49St.JPG

ニューヨークに限らず、アメリカは住所の表記がとても分かりやすいです。

特にマンハッタン内は、建物が碁盤の目のようにきれいに整備されて建てられているため、住所の表記の仕方がとてもシンプル、基本的な仕組みが分かれば、地図がなくても、たいていその場所にたどり着くことができます。

まず、マンハッタンの道路は、南北に走るアベニュー(Avenue、略:Ave)東西に走るストリート(Street、略:St)に分けることができます。

このアベニュー、「〇番街」という人もいます。例えば「5番街」なら5アベニュー、つまり「5th Ave」のことを指します。

アベニューは、東から西へ、1st Ave、2nd Ave、…と大きな数字に移行していきますが、途中、3rd Aveと5th Aveの間にレキシントンアベニュー(Lexington Ave) 、パークアベニュー(Park Ave)、マディソンアベニュー(Madison Ave)が入ります。なので、マンハッタンには4th Aveがありません。

アベニューの中で、この3つのアベニュー(レキシントン、パーク、マジソン)はよく順番が分からなくなります。特に、僕はレキシントンアベニューとパークアベニューの順番をよく間違いました。

その他には、6th Aveは「Avenue of Americas」と標識に出ていることもあるので、覚えておくと便利です。

そして、ブロードウェイ(Broadway)は、北西から南東に斜めに横切っていますので、北の方では西側にあるのに、南にいくについれて東側に位置していきます。


一方のストリートですが、これは「△△丁目」という言われ方をします。例えば「42丁目」だったら42ストリート、つまり「42th St」をさしています。

ストリートは南から1st St、2nd St、…と北へ行くにつれて大きくなっていきます。

また、ストリートは5th Aveを境にして、イーストサイド(東側)とウェストサイド(西側)に分かれます。イーストサイドにはストリートの頭に「E.」、ウェストサイドには「W.」の文字が入ります。

例えば「49th St」だったら「E. 49th St」とか「W. 49th St」とかいう風になります。

これによって、マンハッタン内のある点は、アベニューとストリートの座標で表すことができます。

例えば(Avenue, Street)=(5, 49)だったら5番街と49丁目の交差点となります。

5番街_49丁目.JPG


マンハッタン内の住所の見方(その2)



スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39945305
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。