海外旅行保険の選び方 OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

海外旅行保険の選び方

アメリカの医療費は高い。。。

しかもバカ高い。。。

アメリカ滞在中に盲腸で入院した場合、保険に入っていなければ、日本では考えられないくらいの請求がくる。。。

ニューヨークの場合、その額200万円近く(意味がわからん…)。


なので、海外へ行く際は、海外旅行保険には加入しておいた方がよいと思います。

ただ、日本の健康保険も使えないわけではありません。

その気になれば、日本の健康保険も使えるのですが、やたらと手続きか面倒です。向こうの医師に日本の様式の診断書を書いてもらって、それを日本語に訳して提出しなければなりません。

その場合、手続きは帰国後になるので、保険の支払いは手続き後、何ヶ月か後になります。つまり、いったん自腹で医療費を支払わないといけません。

また、アメリカで支払った治療費が全額返ってくるわけではありません。アメリカで受けた治療を、日本国内の診療報酬に基づいて算定し直すので、アメリカで高額の医療費がかかっても、日本では何分の一にしかならないこともしばしばあります。

つまり、日本の健康保険は、利用可能となっていますが、とても使いづらいです(うちも、出国の際に、様式をたくさん持っていきましたが、結局、請求しませんでした)。


なので海外旅行保険が存在します。

海外旅行保険には、短期間の海外旅行から、比較的長期の滞在用までいろいろとあります。

1週間程度の滞在だと、最も安いタイプで5,000円くらいから入れます。

海外旅行保険の加入は旅行の直前に申し込むこともできます。特に、東京海上日動などは、成田空港にもブースがあります。なので、最悪の場合、出国直前に加入することもできます。

ただ、いろいろ比較検討すると、自分に合った保険も見つかるし、納得して加入できると思いますので、時間があれば、海外旅行保険の資料請求して比較検討してみるのが一番よい方法です。

海外旅行保険の資料請求は無料ですし、うちの場合、資料を請求されたという確認の電話がありましたが、その後にへんな電話がかかってくることもありませんでした。。

海外旅行保険のメリットは、キャッシュレスであるという点です。加入した海外旅行保険会社が提携している病院へいけば、自己負担はありません。

うちは東京海上日動の海外旅行保険に加入しましたが、保険加入時に提携病院のリストが載った冊子をもらえますので、病気にかかったときはその病院に電話するか、直接24時間対応のオペレーターに紹介してもらうという仕組みになっています。

また、緊急の際など、提携病院以外で治療を受ける場合も、24時間のオペレーターに連絡を入れれば、提携はしていないけど、保険会社が治療費を払うよう病院と交渉してくれます。

うちの子供がアメリカ滞在中に指先をばっさりと切ってしまい、救急病院へ行くことになったのですが、迅速に対応してもらったので、保険に入っておいてよかったと思いました。

そのときの記事

ちなみに、日本で売られているAIUや東京海上日動をはじめとした海外旅行保険は、かなり割安な保険だと思います。

アメリカで医療保険に加入すると、歯科なしで保険料だけで月10万円以上とかはざらにあるようです(だから保険に加入できない人たちが15%以上いるというわけです)。

今は出来ないようですが、一時期、アメリカで暮らしている日本人が、アメリカで保険に加入せずに、日本の海外旅行保険に加入するようなケースもみられたようです。それほど割安な保険なんです。

何もないに越したことはありませんが、何かあったときのために、海外旅行保険には加入していきましょう。

もし保険料を支払うのがイヤでも、最低限、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードだけでも持っていくべきだと思います。


長期の海外旅行保険(格安タイプ)はこちら


短期から海外旅行保険、24時間日本語フリーダイヤル対応

スポンサードリンク
| ニューヨーク ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 入国準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。