アメリカでの銀行口座の開設 OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

アメリカでの銀行口座の開設

citi.jpg

留学や駐在等でアメリカに長く滞在する場合、入国して真っ先にやることの一つに、銀行口座を開設するという仕事があります。

アメリカで銀行口座を開設するには、アメリカ国内の住所にちゃんと住んでいることを証明するものが必要となります。

ソーシャルセキュリティーナンバーを持っている場合は、比較的簡単に口座の開設できます。

しかし、ソーシャルセキュリティ番号を持っていない場合は、身分を証明するものが複数必要となります。

身分を証明するものとして、まずパスポートがあります。

しかし、パスポート以外にも実際にアメリカの住所に住んでいることを証明するものが必要となります。滞在初期で、アメリカに住んでいることを証明する自分の身分を外国人に示すものって、けっこう難しいです。

日本の住民票とか持っていってもダメです(当たり前ですが…)。


住所を証明するものとして、受入れ先の大学等からのレターがあります。

つまり、この人は、ソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないけど、ちゃんと「〇〇〇〇」の住所に住んでいます。なので、銀行口座を作ってあげてください。

という内容のレターを発行してくれますので、パスポートとそれを持っていきましょう。

それから、アメリカで銀行口座を開設する際、当然ですが印鑑は要りません。その代わりに署名(サイン)を求められます。

サインはその人を証明することになるので、字体をころころ変えないよう、いくつか気に入ったものを練習しておくとよいでしょう。

また、漢字のサインもアメリカではけっこう有効です、アメリカ人は漢字を書かないので(僕は漢字のサインで通しています)。


アメリカの銀行のATMの操作方法

小切手の書き方



タグ:銀行

スポンサードリンク
この記事へのコメント
はじめまして。kaoriと申します。ビザについて調べていたところこちらのサイトにヒットしました。

もし何かご存知のことがあれば教えてほしいのです。

9月からNYにてパーソンズという学校の社会人向け授業を受けたいと思っています。その滞在費の足しや滞在用のビザのために、NYでの有給インターシップを希望していますが、エージェントを利用する方法しか現在見当たらず迷っています。

エージェントを利用すると、企業紹介料+サポート費用として50万前後かかります。できるなら自分でできることは自分で行いたいのですが、有給インターシップとなると受け入れてくださる企業を個人でどう捜せばいいのかも分からず、エージェントの手を借りるしかないのかと考えている段階です。

有給インターシップ先を個人で捜して実際働いておられる日本人を、今までNYで会ったことはありますか?

またご自身は渡米の準備などはエージェントを利用されましたでしょうか?

突然申し訳ありません。もし気が向かれましたら教えていただけると嬉しいです。

NYでの充実した滞在をお祈りしてます。
Posted by kaori at 2011年05月12日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46291502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。