ステート・クウォータ(50 State Quaters Program) OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

ニューヨーク情報カテゴリ一覧

ビザの申請方法
…… J-1、M-1、F-1ビザの申請方法です

ビザの面接対策
…… USビザの面接対策に関する情報

入国の準備
…… ホテル、海外旅行保険、クレジットカードは何枚必要?銀行口座は?実際に入国するまでの準備に関して

ニューヨーク生活基本情報
…… ニューヨーク地下鉄の乗り方、マンハッタンの住所、アメリカの銀行のATMの使い方、小切手の書き方など、ニューヨーク生活に関する基本情報

ニューヨーク観光情報
…… ベタに自由の女神からナイアガラの滝まで、ニューヨークの観光情報はこちらから

ニューヨークの日系ストア
…… ニュージャージーのMitsuwa、JASマート、フォレストヒルズのサクラ屋まで、ニューヨークの日系ストア情報です

滞在日記
…… 素人だからこそ見えてくるニューヨークを、ニューヨーク滞在日記としてつづっています

1ドルコイン発行プログラム

1doller.JPG

アメリカで流通しているお金のうち、お札は金額が高い順に100ドル札、50ドル札、20ドル札、10ドル札、5ドル札、1ドル札です。

100ドル札と50ドル札は、日本の1万円札とか5千円札のように流通してはおらず、100ドル札で支払うと、客の目の前で透かしをチェックしたりと、けっこう怪しまれます。

そのため、20ドル札がよく流通している最高金額ではないかと思います。

一方、コインは1ドル、25セント、10セント、5セント、1セントがありますが、1ドルコインはほとんど流通していません。


日本でいうところの2千円札的な存在です。


1doller02.bmp
さて、今回、ステート・クウォータープログラムに続いて、鳴り物入りで1ドルコインの発行プログラムが始まりました。

アメリカの歴代大統領の1ドルコインが順々に発行されていきます。今日、しょっぱなに発行されるのは、初代大統領のジョージ・ワシントン(Washington)です。

以後、2代大統領のジョン・アダムス(Adams)、3代大統領トマス・ジェファソン(Jefferson)、4代大統領ジェームズ・マディソン(Madison)の4枚が2007年に発行されます。

毎年4枚ずつ発行し、2016年、37代大統領のリチャード・ニクソン(Nixon)までが決まっています。

このプログラムで、1ドルコインを本格的に流通させたいところですが、アメリカ人はどうも反対しているようです。


そう、アメリカ人は1ドルをコインよりもお札で持ちたいようです。

なぜか??

1ドルコインは重いとか、25セントと間違える、などが理由だそうです。。。

んなあほな、と思いますが、確かに、日本のコインのように穴が開いているものがないので、間違いやすいかもしれません。

それに、発行されている1ドルコインはけっこうごついので、5ドルを1ドル札5枚で持つか、コインで持つかとなると、コインの方がそれなりの重さにはなりそうですが。。。


僕が思うに、アメリカで1ドルコインが流通しない元凶は、5セントコインにあるのではないでしょうか。

アメリカのコインは、1セントだけ色が茶色、日本の10円玉のような色なんですね。

後のコインは銀色です。1セントと同じ大きさの銀色のコインが10セント、そして、それよりも2回りくらい大きいコインが5セントなんです。。。

本来これが10セントなのでは?と首をかしげたくなるような構成です。

僕だったら、新しく茶色の一回り大きいコイン作って、それを5セントにします。そして、今の5セントコインを25セントコインにします。そして、今の25セントコインを1ドルコインにします。


そうするとけっこうすっきりすると思うのですが。。。

さて、1ドルコインは流通するのか??

造幣局、歴代大統領1ドルコインプログラムのページ

ステートクォーター(50 State Quaters Program)

ニューヨーク.jpg


25セントコインの裏面は、絵柄が違っているものがたくさんあります。よく見るとサウスカロライナ州だとかコネチカット州だとか州の名前が描いてあります。

裏面には各州を象徴する絵柄が描かれているコインがあります。これはステートクォーターと呼ばれるもので、1999年からスタートしたプログラムです。

昨年度末までには35州のデザインが出回っており、全部の州のコインが揃うのは2008年です。今年(2006年)は、すでにネヴァダ、ネブラスカ、コロラド、ノースダコタの4つの州のデザインが出回り、もうすぐサウスダコタ州のコインの流通が始まります。

このコインのコレクターもけっこういるらしく、我が家は洗濯に大量の25セントコインがいることだし、ニューヨーク滞在中に集められるだけ集めてみることにしました。

今のところ25州のコインが集まっています(写真は18枚しかありません)。

帰るまでにどのくらい集められるだろか…。

アメリカ合衆国の造幣局(The United States Mint)の50 State Quarters Program のページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。