ビザ申請方法 OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

ニューヨーク情報カテゴリ一覧

ビザの申請方法
…… J-1、M-1、F-1ビザの申請方法です

ビザの面接対策
…… USビザの面接対策に関する情報

入国の準備
…… ホテル、海外旅行保険、クレジットカードは何枚必要?銀行口座は?実際に入国するまでの準備に関して

ニューヨーク生活基本情報
…… ニューヨーク地下鉄の乗り方、マンハッタンの住所、アメリカの銀行のATMの使い方、小切手の書き方など、ニューヨーク生活に関する基本情報

ニューヨーク観光情報
…… ベタに自由の女神からナイアガラの滝まで、ニューヨークの観光情報はこちらから

ニューヨークの日系ストア
…… ニュージャージーのMitsuwa、JASマート、フォレストヒルズのサクラ屋まで、ニューヨークの日系ストア情報です

滞在日記
…… 素人だからこそ見えてくるニューヨークを、ニューヨーク滞在日記としてつづっています

ビザ(査証)とは?


ビザとは、査証ともいい、アメリカに限らず海外旅行の際、渡航先の国が出す入国許可証のことです。

相互免除の協定がある国以外、ビザがないとその国には入れません(パスポートだけでは入国できません)。

日本人がアメリカに行く場合、規定の条件を満たせばビザは免除されますので、海外旅行程度であれば、ビザは必要ありません。


ビザ免除システムの概要

日本−アメリカ間の往復航空券を持っていて、観光や商用が目的の場合、ビザ免除システム(ビザ免除パイロット・プログラムという)を利用することができます。


ビザが免除される要件

・日本国籍で、有効な日本のパスポートを持っている。
・観光、商用目的である。
・出発国からの往復航空券、または次の国への航空券を持っている。
・アメリカでの滞在期間は90日未満である。
・ビザ免除プログラムの非的確事項(逮捕歴、犯罪記録がある、重大な伝染病を持っているなど)に該当しない。


これらのすべての条件に該当していれば、機内や航空会社カウンター、旅行代理店などで配られる緑色のI−94(出入国カードと兼用の申請用紙)に必要事項を記入して、入国の際に提示します。


※ 2004年10月26日より、ビザ免除システムでアメリカに入国する旅行者は、機械読み取り式のパスポートを所持していなければなりません。機械読み取り式でない古いパスポートの場合は、パスポートを機械読み取り式に更新するか、ビザの申請が必要です。


ビザの申請

90日以上の滞在など、ビザ免除プログラムに該当しない場合は、ビザを申請しなければなりません。

ビザは、留学、就労など、入国の目的によって種類が異なります。また、ビザの種類のよって申請内容や必要書類が異なります。

J-1ビザの申請の流れ−早分かりチャートへ


タグ:ビザ
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

J-1、F-1、M-1ビザの申請方法−取得までの流れ

アメリカでの滞在期間が90日以上の場合、目的に応じてビザを取得しなければなりません。


現在、USビザを取得するには、アメリカ大使館、もしくは領事館へ出向いて面接をしてもらわなければなりません(2004年7月1日以降そうなりました)。ビザ取得までの流れは以下のとおりです。


1. 申請書類作成期間

2. 面接の予約

3. 面接

4. ビザの発行(郵送)


何も問題なければ、面接が終了した日から、約1週間でビザが発行されます。面接からビザの発行までは短い期間ですみますので、それまでに申請のために必要な書類が揃えておきましょう。

ビザ申請の面接が免除される要件
13歳以下と80歳以上の申請者は免除されますが、ここに該当しない人は必ず面接を行わねばなりません。


家族でビザの申請する場合も、上に該当しない場合は全員面接に行く必要があります。

そのた面接が免除されるのは、特別なビザの場合(政府関係者用のAビザなど)だけですので、ほとんどのビザを申請、取得する場合には面接に行く必要があります。


申請書類の作成、これに一番時間がかかると思います。J-1ビザを取得する際、最も大切な書類はDS-2019という書類です。これは、受け入れ先の研究機関から発行してもらう書類なのですが、これがないとJ-1ビザは取得できません。


これと同様なケースが学生ビザ(Fビザ、Mビザ)の場合です。学生ビザの場合、DS-2019の代わりにI-20という書類を受け入れ先の機関から発行してもらわなければなりません。


DS-2019やI-20が送られてくる間にその他の申請書類を作成するとよいでしょう。

その他の申請書類、用意しなければならいもの、ビザ申請の費用の支払いなど、やることはけっこうあります。


他に連れて行く家族もいる場合には、書類の数も増えますので、きっちりと計画を立てておきましょう。


僕はこれら書類の準備を面接を受ける2週間前くらいからやり始めたのでかなりばたばたとしました(なんとかいけましたが…)。

その他の書類の準備は、面接を受ける日の目星をつけておいて(この時点で面接の予約は入れてもいいですが、予定が変わったら面接日を変更しないといけません)、そこから逆算して1ヶ月くらい前から行うと余裕を持って準備できるでしょう。

では、具体的にJ-1、F-1、M-1ビザ申請に必要な書類を見ていきましょう。


ビザ申請、必要書類一覧へ


タグ:ビザ
| ニューヨーク ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

J-1、F-1、M-1ビザの申請方法−申請書類について


それでは、私が申請したビザ(J-1ビザ)のケースに沿って、ビザ取得への道を紹介していきます。


なお、家族構成は4名(私、ヨメ、子1、子2)です。


それから、J-1ビザと学生(F-1/M-1)ビザの申請・提出書類は基本的に同じです(違いは、学生ビザには I-20(留学生資格証明書)、J-1ビザには DS-2019という書類が必要という点です)。


J-1、F-1、M-1ビザを申請するときに作成しなければならい書類はけっこうたくさんあります。


そしてお金もかかります。


そしてけっこう面倒くさいのですが、この書類をすべて作成・用意しなければビザは発行されません。

書類に不備があればビザは発行されないことがありますので、慎重に作成していきましょう。


J-1、F-1、M-1ビザの申請にあたって、作成・提出しなければならない書類は次の通りです。


1. パスポート(当然です!)

2. EVAF DS-156「オンライン入力式ビザ申請書」

3. DS-157「非移民ビザ補足申請書」

4. DS-158「非移民ビザ申請者の連絡先、職歴書」

5. カラー写真(5cm×5cm)

6. ビザ申請料金の支払済証明(ATMの領収書など)

7. 財政証明書

8. 成績証明書

9. SEVIS仕様の Form DS-2019(←Jビザ申請者

SEVIS仕様の Form I-20 A-B/M-N(←F,Mビザ申請者

10. 返信用封筒(宛先を記入したエクスパック500(EXPACK 500))

11. クリアファイル

12. SEVISの費用(I-901 SEVIS 管理費確認書)


ざっと見ただけで、ビザの申請にはこれだけ用意する書類やものがあります。

まず、一番最初にとりかかるとよいのは、DS-2019やI-20といったフォームです。これらの書類を受け入れ先の機関から郵送してもらう必要があります。


DS-2019の取得へ



| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(7) | ビザ申請方法

DS-2019、I-20の取得−J-1、F-1、M-1ビザの申請方法


J-1ビザとは?

J-1ビザとは、交流訪問者ビザのことで、学生ビザ(F-1、M-1)ビザのようなものですが、大学で外国派遣研究員(Visiting Scholar)としてアメリカに行くときなどに発行されるビザです。

いっしょに行く家族(うちの場合、ヨメ、子1、子2)にはJ-2ビザが発行されます。

学生ビザ(Mビザ、Fビザ)の取得の際には、ビザとそれに伴うI-20(アイトゥエンティ)という書類を受け入れ先の学校から発行してもらわなければなりません。

これと同様に、交流訪問者ビザの場合にも、ビザと、それに伴うDS-2019という書類を、受け入れ先の大学から発行してもらわなければなりません。

これがないと、J-1ビザは発行されません。

また、ビザが発行された後も、出入国時はこのDS-2019が必要にないります。

つまり、DS-2019は、パスポートとおなじくらい重要な書類です(私はこの書類を所持していなかったため、アメリカからカナダに行くことができませんでした…)。

DS-2019は紛失するとたいへんなことになりますので、パスポートと一緒に必ず保管しておいてください。


DS-2019の取得方法

DS-2019の取得には受け入れ先の機関とのやり取りがありますので、時間がかかることがあります。なので、十分余裕をもつ必要があります(遅くとも渡米の3ヶ月くらい前までには申請しておいたほうがいいでしょう)。

申請方法は、受け入れ先の世話人の先生を通して、受け入れ先の大学の事務から申請用紙をメール等で送ってもらいます。

記入する内容はどの大学でも大差はないと思いますが、現在の身分、滞在期間、過去に渡米したことがあるか、家族も同伴する場合はその氏名等、細々と記入するところがあります。

記入したものを返信すると、あとは向こうの事務手続き待ちとなります。DS-2019が出来上がると、受け入れ先の大学から郵送したとの連絡があると思います。

しかし、アメリカの事務は、大学といってもいい加減な場合が多いです。

例えば、書類を郵送したと連絡しておきながら、いつまでたっても送られてこないとか、DS-2019を申請してもいっこうに音沙汰がないとか。。。

なので、何か腑に落ちない点があれば、すぐにメールして問い合わせましょう。

ちなみに、送られてくるDS-2019はこんな書類です。

DS-2019_01.JPG

↑クリックすると拡大します。


この書類にはすでに必要事項が記入されていますので、それが正しいかをチェックします。

申請者が記入する箇所は、一番下の署名、署名した場所、署名の日付、この3つです。それ以外は特に何も記入する必要はありません。


繰り返しになりますが、DS-2019とパスポートは、ビザの面接、出入国の際に必ず必要となりますので、紛失しないよう、大切に保管しておいてください。


SEVIS 費用の支払について




タグ:ビザ
| ニューヨーク ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

SEVIS 管理費用の支払い−J-1、F-1、M-1ビザの申請方法


DS-2019が送られてきて、内容を確認して一番下に署名等を行ったら、次に行うのはSEVISの管理費の支払いです。


SEVISとは?

SEVISとは、Student and Exchange Visitor Information Systemの略で、911アメリカの同時多発テロ以降、アメリカ国土安全保障省(Department of Homeland Security)が留学生や交換渡航者を管理するために設置したプログラムのことです。


2004年9月1日以降、留学や交換渡航をする人たちは、SEVISの管理費用を支払う必要があります。

費用は100ドルで、J-1、F-1、F-3、M-1、M-3ビザを申請する人は、SEVISの書類(I-901)を提出し、費用を支払わねばなりません。

家族で行く場合の配偶者や子供たち(J-2、F-2、M-2に分類される人)などは、この費用を支払う必要はありません。


料金の支払いは、少なくともビザ申請面接日の3日前には完了しておいてください。


様式I-901の申請方法は、郵送することも可能ですが、オンライン申請で、管理費用の支払はクレジットカード決済がベストです。


SEVIS費用の支払、I-901の申請方法

まず、クレジットカードとDS-2019(学生ビザ申請の場合はI-20)を用意しておきましょう。


I-901は、次のページからオンライン申請します。

http://www.fmjfee.com/

このページへいくと、次のような画面が出てきますので、[Proceed to I-901 Form and Payment]をクリックします。

※以下の画像はいずれもクリックすると拡大します。

SEVIS_Fee01.jpg


次の画面に進むと、下のほうに、I-20かDS-2019のチェックボタンがありますので、自分の持っている書類のチェックボタンを押して[OK]をクリックします。

SEVIS_Fee02.jpg

次のページに移ると氏名、生年月日、それからSEVIS ID番号にはDS-2019、もしくはI-20の右上にNで始まる10桁くらいの数字があるのでそれを入力して[Enter]をクリックします。

SEVIS_Fee03.jpg

あとは次々画面に従って入力作業を進めていってください。


支払の確認ですが、支払が完了すると、SEVISのシステムに記録されますが、ビザの面接時には、インターネットからの領収証を印刷するか、国土安全保障省が受け取ったという正式な領収証(I-797)を持参した方が、ことがよりスムーズに運びます。

ただ、正式な領収証の発行には30ドル余計に費用がかかってしまいます。

僕はオンライン申請して、クレジットカードで決済しましたが、なぜか正式な領収証(I-797)をリクエストしてしまいました。。。

ちなみにそのI-797という領収証はこんな感じです。

SEVIS_01.jpg

合計金額、130ドルがきっちり請求されています。

このような感じで、面接の3日前までには支払いを済ませておきましょう。

なお、この費用はビザの申請代金とはまったく別なので注意してください。


※ 郵送する場合
・I-901とSEVISの費用を郵送する場合、アメリカ国内の銀行で引き出しが可能な、米ドル建ての小切手か為替小切手を国土安全保障省(DHS)の私書箱へ、I-901の書類と一緒に郵送してください。

・宛先は以下です。
I-901 Student/Exchange Visitor Processing Fee
P.O. Box 970020
St. Louis, MO 63197-0020 U.S.A.

I-901の様式はこちらです。
http://www.ice.gov/doclib/sevis/pdf/I-901.pdf


SEVIS 費用に関してより詳しいことは以下を参照してください。
http://www.ice.gov/doclib/sevis/pdf/japanese_i901.pdf


クレジットカードの申し込み


DS-156の作成



タグ:ビザ
| ニューヨーク 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

EVAF DS-156の申請−J-1、F-1、M-1ビザの申請方法


DS-2019(学生ビザの場合はI-20)を取得し、SEVISの費用も支払って領収証をプリントアウトしたら、次は3つの書類(DS-156、DS-157、DS-158)の作成にとりかかりましょう。

まず、様式DS-156ですが、これは正式にはEVAF DS-156といいます。

EVAFとは、Electric Visa Application Form の略であり、オンラインでこのフォームを作成 → 出来上がったものをプリントアウト → 面接時に提出する形式です。

なぜこのフォームをオンラインで作成するかというと、オンライン上で記入した各自の情報をバーコードで表わすからです。

つまり、オンライン上でDS-156を作成し、[Continue(続ける)]ボタンを押すと(詳細は以下で述べます)、合計で3ページのPDFファイルが出来上がります。その3ページ目に、入力データに基づいたバーコードが印刷されています。

この3枚のPDFファイルを印刷して面接に持っていくと、大使館(領事館)の職員が、このバーコードを読み取ると、申請者のデータが大使館(領事館)のコンピューターに取り込まれるしくみです。


DS-156の申請方法

DS-156は以下のページ(アメリカ国務省)からオンライン入力します。
http://evisaforms.state.gov/instructions_Japanese.asp

国務省のこのページは日本語にも対応していますので、けっこう楽チンです^^

このページの一番下の「EVAF DS-156 : オンライン入力式非移民ビザ申請書」から申請書を作成します。

申請書のページはこんな感じになっています(クリックすると拡大します)。

DS-156_01.jpg    DS-156_02.jpg

基本的にこの空欄を埋めていくだけですが、若干の注意点があります。

・当たり前ですが、入力はすべて英語でします。
・原則として、該当しない部分は空欄にせず NAとかNoneを入れてください。

2. Place of Issuance:発行地

State/Province 州には都道府県名を入れるといいと思います。


8. Other Surnames Used (Maiden, Religious, Professional, Aliases) その他の姓(旧姓、宗教上、職業上の名前、別称)

該当する人はその旧氏名等を書いてください。

その際、名は変わっていなくても、「9. Other First and Middle Names Used その他の名とミドルネーム」に「7. First and Middle Names (As in Passport) 名とミドルネーム(パスポートに記載されている名とミドルネーム)」と同じ名前を書き、氏名として完成させてください。

8. および9. に該当しない人は空欄のままにしておいてください(つまりここにはNAとかは入れない)。

まあ、NAをいれても、バーコード情報からは削除されるので、どちらでもいいのですが。。。


24. At What Address Will You Stay in The U.S.? 米国に滞在中の住所

決まっていない人はStreet Address Line 1にUndecidedといれて、滞在予定の都市と州をを入れてください。


25. Name and Telephone Numbers of Person in U.S. Who You Will Be Staying With or Visiting for Tourism or Business 観光や商用で個人を訪問する場合の相手の氏名と電話番号

外国派遣研究員などの場合は受け入れ先で世話人となってくれている人の名前等を入れてください(会社・学校・組織名だけでなく、個人名が必要)。



40. Application Prepared By 申請書作成者

申請者自らが作成していれば、39. Was this Application Prepared by Another Person on Your Behalf?は「No」の欄にチェックを入れ、この欄は空欄のままにします。

子供の分の申請の場合は、39. は「Yes」にチェックを入れて、実際に申請した人の氏名、続柄、住所を入れてください。



すべてもれなく記入したら一番下の[Continue(続ける)]を押すと3ページのPDFファイルが作成されますので、それをすべて印刷します。

最後に、2ページ目に下の署名、これは手書きです。なので忘れないように。

署名は英語でも日本語でもどちらでもかまいません。また、パスポートと同じである必要もありません。

署名ができない小さな子供の場合、親がかわりに署名できますが、署名の横にby father とか by mother を書いてください。

ちなみに何もオンラインで何も記入せず、[Continue(続ける)]を押すと、下のような白紙のPDFファイルが出力されます。

(参考)DS-156(PDF)



オンラインで入力を済ませ、PDFファイルが出来上がったら、これを印刷して写真を貼り、3ページ全てを面接時に持っていってください。その際、申請書はホチキスで留めたり、両面印刷しないでください。


なお、28. Who Will Pay For Your Trip? 誰ば旅行費用を支払いますか

とありますが、これは「誰が」の誤りだと思われます。

博多っ子が翻訳したのかも。。。


DS-157の書類作成へ



タグ:ビザ
| ニューヨーク 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

DS-157の作成−J-1、F-1、M-1ビザの申請方法


DS-156の書類が出来上がると、次はDS-157とDS-158の書類の作成に取りかかります。

DS-157は非移民ビザ補足申請書であり、16歳以上の申請者は全員提出しなければなりません。

この様式はオンライン申請ではないので、書式を印刷して手書きで提出してかまいません。


DS-157の様式は以下からダウンロードします。

http://japan.usembassy.gov/pdfs/wwwfds157jp.pdf (日本語)
http://foia.state.gov/FORMS/visa/ds0157.pdf (英語)

この様式を開けば分かるのですが、2ページのPDFファイルのうち、2ページ目は記入例が載っていますので、特に問題なく作成できると思います。

DS-156と同様に、該当しない項目には「None」とか「N/A」とかを入れます。

5. Spouse's Full Name (If Married)

この項目は、配偶者が離婚、死別している場合は書かず、現在結婚(含再婚)している場合のみに配偶者の氏名を記入してください。


6. Father's Full Name、7. Mother's Full Name

親が死亡している場合は、名前の横に「Deceased」と書いてください。


12. Not Including Current Employer, List Your Last Two Employers

アルバイトも含めて記入してください。


DS-158の作成


タグ:ビザ
| ニューヨーク ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

DS-158の作成−J-1、F-1、M-1ビザの申請方法


ビザの申請で用意する書類もあと少しです!

では、DS-157に続いてDS-158の書類の作成に取りかかりましょう。DS-158は、非移民ビザ申請者の連絡先、および職歴書となります。

DS-158の作成方法

まず、以下のサイトから様式を入手します。日本語と英語がありますので、好きなほうをダウンロードしてください。

日本語1ページ目
http://japan.usembassy.gov/pdfs/wwwfds158j1.pdf

日本語2ページ目
http://japan.usembassy.gov/pdfs/wwwfds158j2.pdf

英語
http://www.state.gov/documents/organization/12154.pdf

この書類も作成にそこまで時間はかからないと思いますが、職歴をいちいち辿っていかなければならない点が面倒かもしれません。

ただ、ビザの申請にはこの書類も必要なので書かないといけません。

6. Full Name and Address of Children, Parents, and Siblings...

現在同居していない両親や兄弟についても記入してください。


7. List at Least Two Contacts in Applicant's Country of Residence ...

家族、親族以外で、申請者を確認できる人を2人挙げてください(同僚、友人など)。


WORK EXPERIENCE - PREVIOUS

過去のアルバイトや短期契約の仕事、大学在学中のTAなど、全ての職歴を記入してください。用紙が足りない場合は、別の紙を用いて続きを書いてください。


その他、ビザ申請に必要な書類等



タグ:ビザ
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

その他、用意するもの−ビザの申請方法(J-1、F-1、M-1)

その他必要な書類や、用意するものは以下の通りです。

カラー写真

5cm×5cm、背景は白で過去6カ月以内に撮影されたカラー写真。頭頂部から顎は25mm〜35mmで、顔は写真の中央正面向きのものを用意し、DS-156の1ページ目の右下の所定の位置に糊またはテープで貼り付ます(ホチキスでは止めないように)。

財政証明書

財政証明書は、留学の費用を賄えることを証明できる英文の書類です。もし、複数年間留学予定であれば、最初の1年分の費用を賄える金額の証明でもよい。以下のいずれかの書類を用意しましょう。

・申請者自身の銀行残高証明書
・保証人名義の銀行残高証明書
・会社発行の英文保証書

大学から外国派遣研究員として渡米する場合は、所属の学部より証明書を発行してもらえます。

もし保証人名義の銀行残高証明書を提出する場合、その保証人から「財政援助宣誓書(Affidavit of Support)」を別途用意してもらい、財政証明書といっしょに提出するのが望ましいとされています。

なお、家族で申請する場合、この書類はJ-2、F-2、M-2ビザの申請者は不要です。


成績証明書

過去にアメリカ留学の経験がある場合、アメリカの学校からの過去5年間またはそれ以内の成績証明書を提出します。

アメリカに留学したことがない場合、日本あるいは米国以外の学校から、最近3年間の成績証明書を入手し提出します。

※ 最近3年間で学校に在籍していない人は成績証明書の提出の必要はありません。

また、家族で申請する場合、この書類はJ-2、F-2、M-2ビザの申請者は不要です。

宛先を記入したエクスパック500(返信用封筒)

ビザは面接後、約1週間前後で郵送されてきます(なので当日には発給されません)。ビザはパスポートに貼り付けられるので、パスポートやその他の書類は、大使館(領事館)に預け、後日、返送されてきます。

そのため、返信宛先を記入したエクスパック500(EXPACK 500)を用意して面接に持っていきましょう。エクスパック500(EXPACK 500)は、郵便局やローソンなどで入手できます(500円)。

なお、家族で申請する場合、エクスパック500(EXPACK 500)は1枚で済みます。つまり、家族4人で一度にビザの申請をする場合、エクスパック500(EXPACK 500)は4枚ではなく1枚でよいということです。

クリアファイル

ビザの申請にあたって、全ての申請書類を入れて提出するために必要です。

なお、家族で申請する場合、J-2、F-2、M-2ビザ申請者のクリアファイルは不要です。
タグ:ビザ
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法

ビザ申請料金の支払−J-1、F-1、M-1ビザの申請方法


全ての書類を不備なく作成したら、次はビザの面接の予約を入れ、申請料金を支払います。

ビザ面接の予約の入れ方

ビザの申請料金は100ドル、これを日本円で支払います。

ここで、ビザの申請料金は、SEVISの管理費用とは別であることに注意してください。つまり、SEVISの管理費とビザの申請料金がそれぞれ100ドルずつかかります。

しかも、家族で渡米する場合、SEVISの費用はJ-2、F-2ビザの申請者は支払う必要はありませんでしたが、ビザの申請料金はすべての申請者に対してかかります。なので、家族4人でビザを申請する場合、合計で400ドルかかります。


ビザ申請料金の支払い方法

ビザの申請料金は、「Pay-easy」対応の金融機関のATMで支払います。

まず、ここから支払いのログインページに進みます。パスポート番号とバーコード番号の入力を求める画面に移りますので、それぞれ入力してください。

バーコード番号は、DS-156のPDFファイルの1ページ目、および3ページ目にある10桁のコードです。

Mensetsu_DS-156.jpg

画面に従って進むと、支払い情報番号(収納機関番号、お客様番号、確認番号)が発行されます。

これを印刷して、「Pay-easy」対応の金融機関のATMで支払いを行います。

pay_easy.jpg
↑↑↑
「Pay-easy」対応のATMは、郵便局をはじめ、都市銀行などにあります。日本郵政公社(郵便局) 、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、千葉銀行、東和銀行、京葉銀行。

郵便局のATMが数も多く、一番便利だと思います。

ATMで支払いを済ませたときに、ATMから出てくる利用明細書は面接に必要ですので、捨てずに必ず保管しておいてください。


国別ビザの発行条件等
http://travel.state.gov/visa/reciprocity/index.htm


タグ:ビザ
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ申請方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。