入国準備 OH!ニューヨーク観光 〜素人のNew York滞在記〜

東北地方太平洋沖地震消息情報



ビジネスクラス・ファーストクラス専門の格安航空券

               

ニューヨークのホテル予約なら

               

ニューヨーク情報カテゴリ一覧

ビザの申請方法
…… J-1、M-1、F-1ビザの申請方法です

ビザの面接対策
…… USビザの面接対策に関する情報

入国の準備
…… ホテル、海外旅行保険、クレジットカードは何枚必要?銀行口座は?実際に入国するまでの準備に関して

ニューヨーク生活基本情報
…… ニューヨーク地下鉄の乗り方、マンハッタンの住所、アメリカの銀行のATMの使い方、小切手の書き方など、ニューヨーク生活に関する基本情報

ニューヨーク観光情報
…… ベタに自由の女神からナイアガラの滝まで、ニューヨークの観光情報はこちらから

ニューヨークの日系ストア
…… ニュージャージーのMitsuwa、JASマート、フォレストヒルズのサクラ屋まで、ニューヨークの日系ストア情報です

滞在日記
…… 素人だからこそ見えてくるニューヨークを、ニューヨーク滞在日記としてつづっています

クレジットカード選び


kaigai_credit.jpg

クレジットカードは海外旅行等には欠かせないものの一つです。

アメリカは日本以上にクレジットカードが普及しています。どんな小さなお店でも、フリーマーケットなどでも。クレジットカードを利用できるところがほとんど、現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードさえあれば、たいていの支払いはできます。


比較的長期の滞在の場合、クレジットカードは数枚用意しておいたほうがよいと思います。

というのも、滞在初期は、生活の基盤を整えるため、いろんな生活用品をそろえる必要があります。

アメリカで銀行口座を開設すれば、クレジット機能付きのカードが発行されますが、それまでは日本で発行されたカードがとても役に立つからです。

銀行開設時に小切手をもらえますが、小切手を書き慣れていないと何かと不便です。。。


海外に出かける際のクレジットカードの選び方ですが、海外旅行保険が付帯されているか、海外のショッピングポイントがどうなっているかがポイントになると思います。

一つは、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードです。海外旅行保険には加入しておいた方がよいのですが、お金がないという人は、せめて海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っておいたほうがよいでしょう。

海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを申し込む際、注意しなければならないのは、クレジットカードのブランドのよって、旅行代金をクレジットカードで支払った場合に海外旅行保険が付帯されるタイプがあるからです。

例えば、シティクリアカードは、年会費が永年無料で、最高1,000万円の海外旅行保険が付帯されていますが、これはツアー代金等をシティクリアカードで支払った場合に適用されます。

海外旅行等に適しているクレジットカードは、学生であれば学生専用ライフカード、社会人であれば、《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード あたりだと思います。
学生専用ライフカードは、年会費が永年無料で、なおかつ学生の間は最高で2,000万円の海外旅行保険が付帯されています。海外旅行によくいく学生にとってはとても便利なクレジットカードです(卒業後は普通のライフカードとして使えるようです)。

《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が3,150円かかりますが、最高3,000万円の海外旅行保険が付帯されています。また、《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードを使って海外でショッピングをするとポイントが2倍になります。


その他、海外旅行や留学に便利なカードとしては、シティドルカードがあります。これはドル決済専用のクレジットカードで、為替レートをきにする必要がないというメリットがあります。

つまり、日本国内のシティバンクの口座を開設しておけば、決済日に、シティバンクのマルチマネー口座の米ドル普通預金から引き落とされる仕組みです。

海外旅行保険も最高1億円とかなりよい内容ですが、年会費が105ドルと、けっこう高額という点がデメリットです。

ただ、海外留学をする子供の生活費の決済にはシティドルカードを利用するのはかなり便利だと思います。アメリカでは大学の授業料等もクレジットカードで支払えるところが多いので、子供の授業料をわざわざ送金する必要もなくなります。


海外旅行保険付帯のクレジットカードの詳細はこちら



| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 入国準備

海外旅行保険の選び方

アメリカの医療費は高い。。。

しかもバカ高い。。。

アメリカ滞在中に盲腸で入院した場合、保険に入っていなければ、日本では考えられないくらいの請求がくる。。。

ニューヨークの場合、その額200万円近く(意味がわからん…)。


なので、海外へ行く際は、海外旅行保険には加入しておいた方がよいと思います。

ただ、日本の健康保険も使えないわけではありません。

その気になれば、日本の健康保険も使えるのですが、やたらと手続きか面倒です。向こうの医師に日本の様式の診断書を書いてもらって、それを日本語に訳して提出しなければなりません。

その場合、手続きは帰国後になるので、保険の支払いは手続き後、何ヶ月か後になります。つまり、いったん自腹で医療費を支払わないといけません。

また、アメリカで支払った治療費が全額返ってくるわけではありません。アメリカで受けた治療を、日本国内の診療報酬に基づいて算定し直すので、アメリカで高額の医療費がかかっても、日本では何分の一にしかならないこともしばしばあります。

つまり、日本の健康保険は、利用可能となっていますが、とても使いづらいです(うちも、出国の際に、様式をたくさん持っていきましたが、結局、請求しませんでした)。


なので海外旅行保険が存在します。

海外旅行保険には、短期間の海外旅行から、比較的長期の滞在用までいろいろとあります。

1週間程度の滞在だと、最も安いタイプで5,000円くらいから入れます。

海外旅行保険の加入は旅行の直前に申し込むこともできます。特に、東京海上日動などは、成田空港にもブースがあります。なので、最悪の場合、出国直前に加入することもできます。

ただ、いろいろ比較検討すると、自分に合った保険も見つかるし、納得して加入できると思いますので、時間があれば、海外旅行保険の資料請求して比較検討してみるのが一番よい方法です。

海外旅行保険の資料請求は無料ですし、うちの場合、資料を請求されたという確認の電話がありましたが、その後にへんな電話がかかってくることもありませんでした。。

海外旅行保険のメリットは、キャッシュレスであるという点です。加入した海外旅行保険会社が提携している病院へいけば、自己負担はありません。

うちは東京海上日動の海外旅行保険に加入しましたが、保険加入時に提携病院のリストが載った冊子をもらえますので、病気にかかったときはその病院に電話するか、直接24時間対応のオペレーターに紹介してもらうという仕組みになっています。

また、緊急の際など、提携病院以外で治療を受ける場合も、24時間のオペレーターに連絡を入れれば、提携はしていないけど、保険会社が治療費を払うよう病院と交渉してくれます。

うちの子供がアメリカ滞在中に指先をばっさりと切ってしまい、救急病院へ行くことになったのですが、迅速に対応してもらったので、保険に入っておいてよかったと思いました。

そのときの記事

ちなみに、日本で売られているAIUや東京海上日動をはじめとした海外旅行保険は、かなり割安な保険だと思います。

アメリカで医療保険に加入すると、歯科なしで保険料だけで月10万円以上とかはざらにあるようです(だから保険に加入できない人たちが15%以上いるというわけです)。

今は出来ないようですが、一時期、アメリカで暮らしている日本人が、アメリカで保険に加入せずに、日本の海外旅行保険に加入するようなケースもみられたようです。それほど割安な保険なんです。

何もないに越したことはありませんが、何かあったときのために、海外旅行保険には加入していきましょう。

もし保険料を支払うのがイヤでも、最低限、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードだけでも持っていくべきだと思います。


長期の海外旅行保険(格安タイプ)はこちら


短期から海外旅行保険、24時間日本語フリーダイヤル対応
| ニューヨーク ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 入国準備

シティ(CITI)バンクの口座開設

CITI_Banking.jpg

アメリカに入国する前に必ずやっておきたいことはいくつかありますが、その一つに、日本国内のシティバンクでの銀行口座開設があります。

CITIバンクの国内口座の開設は、日本に収入源がある方や、親から送金してもらう人にとっては、かなりのメリットがあります。



シティ(CITI)バンク、国内口座開設のメリット

国内のシティバンクの口座を開設するメリット、それは、シティの外貨キャッシュカードを使うことで、送金の時間と手間と費用が大幅にカットできるという点と、アメリカのシティバンクのATMで自由に引き出しが可能という点です。


私の場合は、アメリカ滞在中に日本国内で給与収入がありました。

これがニューヨーク生活の主たる生活費だったので、日本でもらった給料(円)をドルに換えて、それをアメリカで引き出すという作業をしなくてはなりませんでした。

日本国内にCITIバンクの口座を開設しておけば、通常の為替の手数料で、円をドルに交換でき、なおかつアメリカのシティバンクで引き出すことができます。

そのために必要なのが『シティバンク外貨キャッシュカード』というわけです。


通常、日本国内のシティバンクの口座を開設すると、バンキングカード(写真上)が発行されます。


口座開設時に、オプションで外貨キャッシュカードの申込みができるので、これを申し込むと、バンキングカードと下の写真のような外貨キャッシュカードが送られてきます。

CITI_Gaika.jpg

バンキングカードは主に日本国内で使用しますが、アメリカでも使えないわけではありません。


バンキングカードを使って、アメリカのシティバンクで手持ちの円をドルに換えて引き出すことも可能です。


ただ、当然ですが、手数料がかかります。。。


一方、外貨キャッシュカードを利用すれば、手数料は為替手数料のみ(1ドルあたり2円)で、送金の手数料はかかりません。


この方法は、日本で給与所得がある人や、学生の留学を援助する親にとってはかなり優れた送金手段だと思います。


また、これに加えて、シティのドルカードがあれば、留学生にとっても、それを支援する親御さんにとっても当面の資金調達で困ることはないと思います。


シティのドルカードについてはこちら



シティの口座開設のデメリット

デメリットは、口座の維持管理費が、毎月2,100円がかかるという点です。

ただし、口座にある程度の預金残高があれば維持管理費用は免除されます。

口座維持管理費が免除されるのは、

シティバンクに持ってるすべての外貨残高(ドル、ユーロ、ペソ…)の月間平均総預かり残高が20万円以上の場合

日本円+すべての外貨残高(ドル、ユーロ、ペソ…)の月間平均総預かり残高が50万円以上の場合

となります。

なので、シティバンク内に持っている、すべての外貨の月間平均残高を日本円に換算したときに、20万円以上あるか、すべての外貨の月間平均残高が10万円分しかなくても、日本円との合計で平均残高が50万円以上の場合、口座の維持管理費が免除されます。


また、当面使わないお金があれば、外貨の定期にしておくこともできます。

この定期の利率は、年率で10%くらいです。

為替のリスクがあるから当然ともいえますが、けっこう魅力的です。また、定期は2週間からできるので、2週間以降に使うお金を定期にしとくと、微々たるものですが、為替手数料の足しにもなります。

次は、シティの外貨キャッシュカードを使った送金方法について説明していきます。


シティバンク外貨キャッシュカードの利用方法


タグ:銀行
| ニューヨーク ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 入国準備

citiバンクを使った海外送金方法−電話編

シティバンクの口座を開設でき、バンキングカードとシティバンク外貨キャッシュカードが送られてきたら、実際に手持ちの円をドルに換える手続きをしてみましょう。

これができれば、日本に置いてきた円を、アメリカでドルに両替でき、なおかつアメリカのシティバンクで自由に引き出すことができます。


送金の方法は、電話とオンラインの2種類があります。


まずは電話による手続き方法から紹介します(といっても電話するだけですが…)。

手続き方法

・予め用意しておくもの
1. 口座番号(バンキングカードン下7桁の番号)
2. テレホンバンキング用の暗証番号(シティバンクから送られてきたT-PINのハガキ)
どちらも覚えているなら用意する必要はありません。

では、さっそくシティバンクに電話して、送金の指示をしてみましょう。

海外から電話をする場合の電話番号はこちらです。

電話番号:+81-44-540-0741

ちなみに、国内からだと電話番号は、0120-110-330 になります。

SkypeInを申し込んでおくと、電話料金はものすごく安いし、オペレーターに直接繋ぐと何かと安心です。

電話をかけると、基本的に自動音声に従うだけですが、シティバンクの口座番号、電話取引の暗証番号(T-pin)を照会することになるので、口座番号や、T-pinは覚えるか、電話のときには近くに置いておきましょう。

後は自動音声に従っていけば、オペレーターにつながり、送金の指示をすることができます。

ワンポイント
10万円以上から外貨の定期があります。期間は2週間からあるので、1ヵ月後くらいに使う予定が決まっていれば、ドルの定期をしてもよいと思います。利率は年利で10%以上なので、ちょっとした手数料の足しになります。
注意点
・手持ちの円をドルに交換する場合、定期などを解約すると、いったんシティのマルチマネー口座に資金が移ります。なので、このドルを使いたい場合は、マルチマネー口座から米ドル普通預金口座にお金を移すようオペレーターにあらためて指示してください。

・送金は、日本時間に従ってスケジュールされます。なので、ニューヨーク(現地)と日本の時差を考慮してください。例えば、ニューヨークの朝の10時に送金の指示をしたとしても、日本は夜の9時(もしくは8時)なので、実際に現地でお金が引き出せるは、早くてその日の夜以降になります。

また、日本時間の土日は送金の指示があった場合、月曜日に手続きが完了しますので、週末の送金の指示は、余裕をもって行いましょう。


スカイプについて

オンラインによる送金の方法



タグ:銀行
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 入国準備

citiバンクを使った海外送金方法−オンライン編

シティバンクの国内口座を海外で利用する方法のうち、前回は電話による送金方法について書きましたが、今回はオンライン編です。


といってもそんなに大したことではないのですが。。。


電話による送金方法と同様、予め用意しておくものは次の2つです。
1. 口座番号(バンキングカードン下7桁の番号)
2. テレホンバンキング用の暗証番号(シティバンクから送られてきたT-PINのハガキ)
それから、インターネットにつながっているパソコンも要ります(当たり前か…)。

まず、シティバンクのページ

http://www.citibank.co.jp/ja/index.html

へいって、シティバンクオンラインのタブをクリックします。

citi_01.jpg

そうするとシティバンクのオンラインページにいきますので、そこの[citibank online サインオン]をクリックします。

citi_02.jpg

そうすると、円普通預金口座番号(バンキングカードン下7桁の番号)と、電話取引用暗証番号(T-PIN)、シティバンク オンライン用暗証を入力するところがあるので、それぞれ入力し[サインオン]をクリックします。

citi_03.jpg

初めて利用するときは、シティバンク オンライン用暗証に生年月日(yymmdd)を入力し、その後、オンライン用の暗証を登録します。
無事サインオンできたら、あとは目的にしたがって、PCの画面上を操作するだけとなります。

電話とオンライン操作を併用して、うまく使えば、日本国内のシティバンクの口座から迅速かつ低予算でドルに両替し、送金することが可能な時代となっています。
タグ:銀行
| ニューヨーク ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 入国準備

ニューヨークのホテル


hotel.jpg

ニューヨークは世界でも有数な観光地です。そのため、高級ホテルから格安ホテル、アパートメントホテルなど、たくさんのホテルがあります。


ホテルの予約は、オンラインで簡単にできます。

アメリカのホテルをオンライン予約できるサイトに、エクスペディアやhotels.comなどがありますが、これらのサイトは過去に泊まった人のレビューが載っているので、かなり参考になります。


これら、ホテルの料金は、季節によって変動します。一般的に旅行・観光のんシーズンや、クリスマス休暇の時期は料金は高く、クリスマス休暇後からイースター休暇までは料金は安く設定されています。

一般的に、一年を通して、ホテルの料金は次のように変わります。

一泊の宿泊料金の目安

青の月:100$前後、緑の月:100〜150$、赤の月:150$〜

1月…(☆)
ホテルの料金が最も安い時期です。クリスマス休暇も終わり、気温も極寒のため、ホテルの料金はかなりリーズナブルです。また、正月以降から航空券の料金が値下がりするため、格安でニューヨーク観光をしたい人は、1月下旬からがオススメです。

2月…(☆☆)
宿泊料金は1月に比べると若干高めですが、引き続き手ごろな値段です。この月は航空運賃が格安なので、料金的に安く観光ができます。しかし、やっぱり極寒です。。。寒さ対策をしっかりとして、観光してください。

3月…(☆☆)
イースター休暇の時期、3月中旬のホテルの料金はかなり安くなります。しかし、3月下旬から航空運賃が割高になるので、安く観光したい人は3月中旬が狙い目です。

4月〜5月…(☆☆☆)
春のコンベンションの時期、ホテルの料金はかなり割高になります。

また、4月の中旬からゴールデンウィークにかけて航空運賃も割高になるので、お金の無い人にとっては辛い時期です。しかし、お金に余裕がある人は、この時期、ニューヨークは気温も上がってきて、メジャーリーグも始まるし、観光にはとてもいい時期です。

6月…(☆☆)
ホテルの料金は比較的安い時期です。特に6月下旬はかなり安くなります。アメリカでは、6月になると長い夏休みとなります。また、ゴールデンウィーク以降は航空運賃も値下がりしますので、観光には比較的いい時期です。

7月〜8月…(☆☆)
ホテルの料金は引き続き手ごろな価格です。しかし、7月下旬は高めになります。また、7月下旬から日本でも夏休みが始まるため、航空運賃は8月中旬までかなり高くなります。この時期のねらい目としては8月下旬でしょう。

9月〜10月…(☆☆☆)
秋のコンベンションの時期、ホテルの宿泊料金はかなり高くなりますが、気温も20℃くらいと非常に過ごしやすいので、観光には適しています。8月末から9月末までは飛行機代は割安です(10月に入ると少し高めになります)。

11月…(☆☆☆)
感謝祭の時期、ホテルの料金も割高です。しかし、航空運賃は冬季のため、この時期は格安になりますので、観光としてはけっこうねらい目です。

12月…(☆☆☆)
クリスマス休暇で、ホテルの料金は割高です。航空運賃も12月中旬から下旬にかけて、1年を通じて最も高くなります。

しかし、ニューヨークのクリスマスはみどころ満載、1年を通じて最も楽しい時期です。


ちなみに、ニューヨークにはアパートメントホテルとよばれる形式のホテルがたくさんあります。

普通のホテルだと、部屋にはベッドと机があるくらいですが、アパートメントホテルには、その部屋にキッチン、テーブル、ソファーなど生活ができるような形になっています。

こんなかんじです。

hotel01.jpg

入口すぐにソファとテレビ、ダイニングテーブルなどの部屋がありました。

hotel03.jpg

その奥がキッチン、包丁、ナイフ、スプーンなど一通りのものはそろっています(お箸はありませんでした…)。

hotel02.jpg

寝室です。1ベッドルームの場合は寝室が一つ、2ベッドルームの場合は寝室が2つあります。

hotel04.jpg

ちなみにこれはエアコンです。。。

窓に備え付けのタイプですが、ニューヨークはこのタイプのエアコンが多く見受けられます。

音が非常にうるさいです。

その他、トイレ、バスルームももちろんあります。

友人や、団体で旅行する場合にはアパートメントホテルはオススメです。

料金は、季節とベッドルームの数によって異なりますが、マンハッタン内でも比較的リーズナブルな値段で泊まることができます。
タグ:ホテル
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 入国準備

スカイプ(Skype)かなり使えます。

スカイプ(Skype)、ご存知の方も多いと思いますが、知らない人のために解説をすると、パソコン上でインターネット電話を利用するためのソフトのことです。

ダウンロードは無料です。

スカイプユーザー同士なら、世界中どこでも無料で通話ができます。

スカイプは、回線速度が比較的低速でも安定した通話ができます(しかもけっこう高音質です)。

スカイプに関する詳細はこちら

スカイプのもう一つの特徴は、パソコン同士以外にも、一般の電話との通話も可能です。

つまり、「パソコン」⇔「パソコン」のみならず、「パソコン」⇔「一般電話」の通話が可能なのです。

もちろん、一般電話にかける場合は通話料がかかりますが、その通話料も破格の安さです。

例えば、ニューヨーク(アメリカ合衆国)から日本に電話をかける場合、最新の通話料(2007年1月現在)は2.66円/分、つまり、国内の一般電話で県外にかけるよりも安い通話料で国際電話ができるというわけです。

日本からアメリカにかける場合の最新の通話料(2007年1月現在)は2.38円/分となっています。

スカイプの場合、通話料は、「どこからどこに」電話するかではなく、「どこに」電話するかで決まります(なのでアメリカ→日本の場合と日本→アメリカで通話料が異なるというわけ)。

スカイプを使って一般電話に電話をかける場合、無料ダウンロードソフトの他に、スカイプアウト(SkypeOut)、スカイプイン(SkypeIn)というサービスを利用する必要があります。

スカイプアウト(SkypeOut)とは、固定電話や携帯電話へ通話するために必要なサービスです。

スカイプイン(SkypeIn)とは、一般電話からの電話を受け取るために必要なサービスです。スカイプインに申し込むと、電話番号を割り当てられます。これによって、電話の着信を受け取ることができます。

なお、これらのサービスはSkype Store (Webサイト)で申し込むことができます。通話料金は、スカイプクレジットを先払いすることでその通話料分の利用ができます。

【Skype】いますぐダウンロード!




タグ:スカイプ
| ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 入国準備
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。